So-net無料ブログ作成
検索選択

一日だけの殺し屋 [Books 文庫]

赤川次郎

角川文庫 緑 497 4 1981/11/10 初版発行

 「もしもし、奴が来るんです。
 あの〈踊り屋〉が、今日の午後、羽田に・・・・」

 〈踊り屋〉とはダンディーな一匹狼の殺し屋だ。

 警察にも、その〈踊り屋〉という
通称以外のデーターは何一つ
与えていない用心深い性格。

 しかしその彼も、
自分が乗る筈の飛行機に、
瓜二つの男性が乗っていたとは
知る由もなかった。

 〈踊り屋〉を迎えに出た、
些か頭のとろい〈ドン〉は、
当然のように、そっくりさんの
市野庄介をボスのもとに案内した。

一介のサラリーマン庄介に
「殺し」が依頼されたのだ!

 人まちがいが引き起す
とんだ悲喜劇を描く表題作他、
ユーモアミステリー7編を収録。


1986/05/20 42 版発行
4-04-149704-3 C0193

購入 1986/08/16
imgPose372a.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。