So-net無料ブログ作成
検索選択

さびしがり屋の死体 [Books 文庫]

赤川次郎

角川文庫 1981/12/10

「あのね、彼・・・・・・死んだの、車にはねられて」

遺書ともいえる言葉を残し、
マリは恋人武夫のあと追い自殺した。

 可哀相なマリ・・・・・・。

 そういえばマリは、
彼のいない人生なんて生きる価値がないって、
いつも言ってたっけ・・・・・・。

 だが、 死んだ筈の武夫は生きていた。

 そして、天国へ行ったマリが
一人では寂しいと招きよせるように、
武夫のまわりで次々と起こる謎の殺人事件!

 表題作「さびしがり屋の死体」ほか、
若き実力派赤川次郎が、
趣向をこらしたミステリー四編を収録。

購入 1986/06/07
imgPose374a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。