So-net無料ブログ作成
検索選択

秘密はふたりのもの [Books 文庫]

富島健夫

集英社文庫 1977/03/10

「秘密はあたしのものなんだわ」
「そうだ、そしてぼくのものなんだ」。

 とくに顔がいいわけじゃない、
口がうまいわけでもない、
正義感あふれる熱情もない、
まして秀才や努力家でもない。

 こんなおれの前に、
そう言える女の子が現われたんだ。

 今まで女の子とも何人かつきあった、
でもどうもおもしろくないもっと自分らしく生きよう、
そう考えたやさきだった。

おれは西条安志、高校二年生。

購入 1978/01/18
imgPose542a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。