So-net無料ブログ作成
検索選択

純愛一路 [Books 文庫]

富島健夫

集英社文庫 1977/02/10

”この世で、いちばん好きだ”といって、
順子を抱きしめた信一。

 その彼に、東京大学で新しい恋人ができた。

 信一を愛するよろこびで満たされていた順子の胸に、
彼に対する不信感が起こりはじめていた。

 さびしい気持ちをいだいてすごしていた順子に、
父はひとりの青年実業家・山本孝弘を紹介した。

 やがて順子の家に孝弘がくるようになって、
順子の心は次第にゆれはじめた・・・。

購入 1978/01/11
imgPose538a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。