So-net無料ブログ作成
検索選択

朝雲の序曲 [Books 文庫]

富島健夫

集英社文庫 1976/09/10

えり子の父は、
借金の保証人になったため借財ができて、
家の二階の二部屋を空けて下宿人を置くことになった。

 その返済の相手はえり子と同じ学校にかよう真紀の父だった。

 下宿人の学生が決まると、
真紀はしばしばえり子の家を訪れ、
学生たちと遊んでいたが、
えり子は相手にしなかった。

 だが新しく引っ越してきた石堂剛にはじめて会ったとき、
そのきちんとした態度にえり子は好意を持った。

購入 1977/12/19
imgPose528a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。