So-net無料ブログ作成
検索選択

制服の庭 [Books 文庫]

富島健夫

集英社文庫 1977/06/10発行
 
 はじめて出会った日に、
 愛川洋子は塚田新太郎の胸で泣いた。
 
 校庭に忘れられていたカバンを、
 親切心から、持ち主へ届けた新太郎は、
 
 病院の廊下で、
 父の死を知らされた洋子の
 やりばのない悲しみをうけとめたのだ。
 
 そしてその時のいじらしさと
 かわいさを忘れられずに、
 新太郎は、ストレート交際を申し込んだ。
 
 しかし二人の病院でのことを、
 不純ときめつけた投書が
 二人が通う学校に届いていた。

購入 1977/12/11
imgPose545a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。