So-net無料ブログ作成

湖は慕っている [Books 文庫]

富島健夫

集英社文庫 1977/01/10発行

 一樹がこさとにはじめて会ったのは、
 十歳のときだった。

 祖父につれられて、
 信夫湖を舟で対岸へ渡った日のことだった。

 わんぱくの一樹だが、こさとに対しては、
 人一倍やさしく親切に振舞った。

 一樹とこさとが中学生になって
 同じ学校にかようようになると、

 ふたりの仲は学校でも評判になった。

 しかしこさとは、
 クラスの英子が「一樹」と、

 なまえをよびすてにするのが
 気になっていた・・・・・・。

購入 1977/12/07
imgPose535a.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。